テレワーク導入企業で好まれる人材とは

コロナ禍に加速したテレワークという働き方。

実際にまだテレワークを経験したことのない方からすると

「通勤時間が省ける」「自分の業務に集中できそう」「家庭との両立がしやすそう」等

プラスなイメージを持つことが多いと思います。

 

ただ、実際にテレワークを導入している企業の人事担当者に話を伺うと

テレワークの働き方にも、適した人材と適さない人材がいると言います。

 

もしあなたがテレワークを導入している企業での就業を希望している場合

入社後のギャップを防ぐ為、また面接でしっかりアピールをする為に

参考にしていただければと思います。

 

ではテレワーク導入企業の面接官はどんな人が欲しいのでしょうか。

一言でいうと「自発性」

従来の常に顔を合わせて仕事をする場合とは異なり

「スケジュール(納期)管理」「分からない事の質問」「仕事を見つける」等を

自発的にできる方でないと、誰かがすぐに気付いて指摘をしてくれるわけではないので

むしろ生産性は落ちることが多いようです。

 

また、顔を合わせれば自然と雑談等で社員同士のコミュニケーションも取れますが

テレワークだと消極的な方は信頼関係が築きにくく

その後の仕事の進め方にも差が出ることがあるようです。

 

テレワークは職業の選択肢を広げる素晴らしい働き方ではあると思いますが

客観的に見て、自分の求める働き方なのかもしっかり見極めて

最大限のパフォーマンスを発揮できる環境で活躍していただければと思います。