中途面接における『自己紹介』

「自己紹介をして下さい」

面接の冒頭で、この質問に遭遇した方も多いのではないでしょうか?

行き当たりばったりに話して面接に失敗してしまい後悔・・なんてことも。

自己紹介の仕方にもポイントがあります。
事前に策を考えていきましょう。

面接官が自己紹介を聞く目的

・冒頭のアイスブレイク

・大まかな経歴を把握したい

・人柄のイメージを掴んでおきたい

・その後の面接での質問ポイントを探している

自己紹介で言うべきこと

・氏名

・高校卒業程度からの学歴

・卒業後の社歴

・所属していた会社での仕事内容(簡素に)

話す際の注意点

・長尺でだらだらと喋り過ぎない。
20代は1分程度。30代~でも2、3分以内に抑える

・自己PRではなく、自己紹介という事をわきまえて経歴を話す

・経歴や仕事と関係のない内容は省く

・志望動機と退職理由は語る必要はない

好印象に見られるには

・明るくハキハキとした受け答えにする
→第一印象を良く、面接全体のイメージをアップ

・簡潔に自分の経歴を話す
→理知的、論理的なイメージを付ける

 

面接全体の印象は冒頭で決まるといっても過言ではありません。

企業研究だけでなく、自分の話す内容をしっかりと整理しておきましょう。