転職サイトで目にする「未経験歓迎」の本当の意味

●「未経験歓迎」は誰でもOKというわけではない

「未経験歓迎」とは多くの場合、「募集している職種に関連するスキルや知識があれば、業界の知識や実務経験が浅くても応募可能」という意味です。
したがって、「まったくの未経験でも採用される」というわけではなく、単に「未経験でも応募し、選考に加わるチャンスがある」と考えたほうがいいでしょう。
もちろん、応募者のなかに経験者がいれば、選考過程では経験者が優遇されやすいといえます。

企業が未経験者を募集する理由

●柔軟性がある人を求めている

「柔軟性があって、自社のカルチャー(企業風土)に合う人が欲しい」というのが未経験者を募集する理由のひとつです。
未経験者は経験者に比べて新しい環境への順応性に優れていることがあります。そのため、採用するポジションでこれから活躍する素養があり、第二新卒として自社で育成する価値があると判断した場合は、未経験者でも自社の仕事の仕方や企業風土への馴染みやすさを優先して採用するというわけです。

●経験よりも重要視する条件がある

資格などが必須の職種の場合、経験がなくても資格を取得していればOKと見なされることがあります。業務遂行に必要な最低限の知識が備わっていると判断されるためです。

●斬新なアイデアを求めている

未経験だからこそ、業界の慣例や先入観にとらわれない斬新な発想力を期待されて採用されることがあります。この場合は、異業種で一定の実績を上げている人が有利です。

●経験者が多くない職種を募集している

業界的に経験者があまり多くない職種を募集している場合、応募人数を増やすために未経験者まで条件を広げていることがあります。企業によっては未経験の若手を採用し、専門職に育成することを考えています。