転職における効果的な面接練習のポイント

中途採用では、書類選考で応募者のスキルや経験がふるいにかけられ、さらに面接で社会人としてのマナーやコミュニケーション能力、人柄など、応募書類ではわからない部分をチェックされます。

面接対策が重要な理由

書類選考は通過しても、面接で不採用になってしまう」と悩んでいる人のほとんどは、面接対策が不十分なことが原因です。まずは本番を想定した練習を繰り返し行い、面接そのものに慣れる必要があります。

面接時の雰囲気や話の流れを想定し、本番に近い状態で練習をしておきましょう。さまざまな場面を想定して練習しておけば、自信がつき、面接当日の態度や表情にも余裕が生まれます。表情に自信を感じられる人は、「仕事もできそう」と面接官に好印象を与えやすいでしょう。

面接対策の練習ポイント

●必ず声に出して練習する

大切なのは、あらかじめ準備した回答を整理し、実際に声に出して繰り返し練習をすることです。自己PR や志望動機をうまく文章にまとめられても、実際に声に出して読んでみると、表現の違和感に気付くことがあります。面接の練習をするときは必ず声に出して練習し、本番までに違和感を取り除いておくことが大切です。声に出して練習し体に覚えさせることで、面接本番での緊張が少しは解れるはずです。

●鏡の前で客観的な見え方を確認する

鏡の前で、自分の立ち居振る舞いや話す姿を見ることで、姿勢(猫背になる、座ると足が開いてしまう)・表情(自然な笑顔をできるか)客観的に見てマイナスになる行為をしていないか確認しましょう。また、話をしているときに必死で表情が硬くなっていないか、目線は相手をみているか。確認しましょう。

当社では面接練習などを行っております。
一人では気づけないことを客観的にアドバイスさせて頂きます。
ご興味をお持ちの方は一度ご相談ください。