『面接対策』企業分析であなたの面接の印象を大きく変える方法

企業分析であなたの面接の印象を大きく変える方法

企業分析で応募先への「興味関心」を効果的にアピール

面接の場で採用側は、短時間で応募者の価値を見極めようとします。

その価値基準の1つが、応募者が「どれだけ興味を持ってくれているか」です。

ここで重要になるのが企業分析です。応募先の企業が「どんなことをしていて」「どんな人材を求めているのか」を踏まえた上でしっかりと自己PRができていれば、「よく調べてきている」と評価されるでしょう。

百聞は一見に如かず。実際の現場に足を運ぼう

求人情報や企業のホームページには断片的な情報しか提示されていません。より採用に近づくためには、足で情報を調べることが有効です。

たとえば店舗がある企業であれば、実際に売り場足を運んでみることでネットでは得られない情報がたくさん手に入ります。そのうえ面接でも、現場を見たことによる気づきや、自分なりの改善プランを語れば、面接官に好印象を与えられます。

時間がない人のための情報収集術

とはいえ、企業分析の時間が限られているという方のために、オンラインを使った3つの方法をご紹介します。志望企業で自分が働く姿や「自分のする仕事」を具体的にイメージすることができます。

「取引先」を確認し、取引先のホームページもチェック

これは営業職志望であれば特に有効です。「この会社に売るんだな」と、実際の仕事をイメージすることに役立ちます。

GoogleやSNSで、応募先の企業名や役員名を検索

最近はSNSを利用した発信を積極的に行っている場合が多数あります。

社史を調べる

設立当初は全く違う業種だったなど、意外な発見があることも多いです。

「なにか質問はありますか?」の意図を汲む

面接の最後に「なにか質問はありますか?」という定番の質問があります。この質問は、あなたの会社に対する興味や意欲をみています。

事前に調べれば分かることを質問したり、面接官がすでに話したことを繰り返し質問するのはNGです。また、会社のことに一切触れず、有給の取りやすさや給与・残業について聞くのも、あまり関心はされないでしょう。

やる気を見せたいのであれば、こんな質問が鉄板です。

  • 入社に向けて他に何か準備しておいたほうが良いことはありますか?
  • 御社の◯◯という事業に△△という理由で興味があります。将来的に関われるチャンスはありますか?
  • 先輩社員と協力して仕事に取り組んでいきたいと考えています。そのためにも、現場で大切にしている考えがあれば教えてください。

企業分析が他の候補者との差を生む

企業分析の重要性はご理解いただけたでしょうか。企業も人も、コミュニケーションで何より重要なのは、相手に興味を持つことです。口先だけではない企業分析が、他者との差を生みます。