転職面接では候補者の何を見ている?~企業の意図を組み成功を掴む~

面接では候補者の何を見ている?

まずは書類選考の通過おめでとうございます。この記事をご覧になっているということは、恐らく近い将来、あなたは面接を予定していることと思います。書類選考を通過した時点で、企業はあなたのキャリアや実績に一定の評価をしています。では面接官は、あなたのどこを見ているのでしょうか?この記事では面接での評価のポイントをお伝えします。

成果をあげたプロセスやあなたの価値観を伝える

そもそも面接は審査の場ではありません。企業からすれば自社にマッチングする人材か見極める、相互理解のためのコミュニケーションの場です。転職のゴールは内定・入社することではなく、入社後に定着し、あなたの持ち味を発揮して活躍できることです。これを履き違えて「就職することがゴール」になってしまうと、あなたにとっても採用した企業にとっても、不幸な結果になります。

面接では、職務経歴書に記載されている実績をもとに「成果をあげたプロセス」や「あなたの仕事に対する価値観」といった経歴を深掘りする質問があります。つい自分を良く見せようと、誇大な表現をされる方もいますが、もしそれが評価されて入社するとギャップに苦しむことが往々にしてあります。

たとえば退職理由が「短期的に成果をあげることだけが評価される環境だった」とすれば、「今後は利益追求は前提として、中長期的な施策も含めて最適だと思う方法で自社や取引先に貢献したい」などと、あなたが仕事で大切にしている想いを意思表示することは重要です。

質問の意図を汲み、簡潔に答える

質問の意図を汲み取って回答ができているか、また会話のキャッチボールがしっかりできるかどうかも選考のポイントです。候補者の中には面接になると緊張して、見当違いのことを回答してしまう方もいます。質問の内容がよく分からないときは「それは〇〇という意味でしょうか?」「恐れ入りますが、もう一度質問をお願いします」と、素直に伝えられた方が印象は良いです。

また一方的に話し過ぎないことにも注意したいです。自分をアピールしたいあまり喋り過ぎて面接官から「いやぁどっちが面接官か分からなかったですね」という感想が漏れたことがあります。企業側が聞きたいことは深掘りの質問が追加されますので、1から10まで話すのではなく、要点を簡潔に伝えることを意識しましょう。