面接の型に縛られるな!面接であなたの持ち味を伝えるコツ

面接の型に縛られるな!面接であなたの持ち味を伝えるコツ

面接の「こうあるべき」に縛られていませんか?

真面目で面接に慣れていない方ほど、面接は「こうあるべき」という形式にこだわり過ぎる傾向があります。その姿勢は大変素晴らしいですが、度が過ぎると「型にはまりすぎる人」という印象を与えかねません。

面接の場で本当に伝えなければならないことは、あなたの「誠実さ」と「強み」です。今回は「誠実さ」と「強み」を伝えるためのヒントをご紹介します。

面接はお互いの見極めの場

面接は、あなたと企業がお互いを知るためのコミュニケーションの場です。「お見合い」と言っても過言ではありません。お互いが対等な立場になって、あなたが企業を見極める場でもあります。一方であなたが企業に「どう見られているか」という意識ももちろん大切です。企業への敬意と礼節は最低限必要でしょう。

自分の言葉で伝えて「誠実さ」を表現

たとえ話下手であったとしても、「自分の言葉」で伝えることがポイントです。一生懸命に伝える姿勢が「誠実な人だ」という印象を与えます。饒舌になる必要はありません。台本通り上手く喋ろうとするほど、違和感を与えぎこちなくなってしまいます。

とはいえ、「想定問答」をもとに事前に準備することで、安心して面接に臨めるでしょう。受け答えがスムーズになれば好印象です。ただし内容を丸暗記するのは避けるべき。一字一句間違えずに話そうと意識すると不自然になり、面接官の心にも響きません。面接当日は、自分の言葉で伝えることを意識しましょう。

キャリアを振り返り、企業にあなたの「強み」を伝える

面接の答え方のコツは、これまでのあなたのキャリアを振り返り、「強み」を整理して絞り込んでおくことです。これまでの職務内容や実績を軸にすると、回答に一貫性が出ます。面接はあなたという人材を企業に売り込むプレゼンテーションの場でもあります。「この人を採用したら有益だ」と思ってもらえる表現や伝え方も重要です。

  • 現職(or前職)で何をしていたか?
  • どんな工夫や改善をしたか?
  • どんな実績や成果を挙げたか?
  • その経験は志望先の企業でどのように活かせるか?

あなたの強みや具体的な事例をもとに話を組み立てましょう。また、繰り返し声に出して練習を行うことで、自分の言葉としてスムーズに面接で伝えられるようになります。想定外の質問が来ても、回答の軸となる「強み」を理解していれば対応しやすくなるでしょう。