健康診断書

転職活動が進むにつれ、企業から健康診断書の提出を求められ場合があります。

 

これは法令で定められており、「労働安全衛生規則(第43条)」に、「事業者は、常時使用する労働者を雇い入れるときは、当該労働者に対し、医師による健康診断を行わなければならない」とあり、企業が採用者の健康状態を把握し、管理する義務があります。

 

健康診断の内容で落とされるか心配になるとおもいますが、基本的には合否に関係がありません。ただし、業務遂行できない程の結果、例えばドライバー採用で規定の視力がないなどは不採用となる可能もありますのでご注意ください。

 

健康診断書は医療機関や保健所などで健康診断を受け、取得することができますが、現職で受けた健康診断書が手元にある場合はそちらでも可能ですが、基本的には3カ月以内に発行されたものに限ります。ただし企業によって異なる場合もありますので、担当者に相談してみてください。