面接成功への道 ~面接応対編~

書類選考は通り何社も面接を受けたがなぜか内定が出ない。

そういった方にお話しを聞くと自身の経験やスキル不足、
コミュニケーション能力不足と分析する方が多いように感じます。
ただ、一朝一夕でこの要素が改善できるものではありません。

今回は面接当日の受け答えについて内定の確率をアップする為の
方法を考えていきましょう。

以下に面接が通りづらい方の受け答えの特徴をまとめております。
そこから内定に繋げる糸口を探ってみましょう。

<面接が通りづらい方の特徴>
・退職理由について万人が納得のできる理由でない
・履歴書、職務経歴書の内容と当日の受け答えに相違がある
・明らかに嘘と分かる話をする、知ったかぶりをする
・質問された事柄以外をベラベラ喋る
・質問に対する回答が的を得ていない、全く違う事を喋る
・質問の答えに行きつくまでにかなりの時間を要する
・企業に対しての入社意欲、職種へのやる気が感じられない

<面接成功への道>
個別の上記事柄について何が悪いかは説明不要かと思います。
ただ事前に回答を準備していたはずなのに緊張で頭が真っ白に、
つい余計な事を話したり逆に言葉足らずで上記に該当する方も多いです。

まずは落ち着いて面接官の話を聞き一拍おいて聞かれた事だけを
ゆっくり答えるようにしてみましょう。
事前の質問回答準備も一言二言やキーワードに留めて頭を整理してから臨みましょう。

面接に自信の無い方は当社のような転職エージェントを利用し
アドバイスを求めたり模擬面接を行うのも一つの方法です。