【転職をするべきかどうか迷っているあなたへ~コロナウイルス渦中自宅で考える~】

新型コロナウイルスで自宅待機が多く時間がある中で、

つい転職についても考えてしまう方もいると思います。

時間に余裕がある事をポジティブに捉えて、今一度自分を

見つめなおす機会にしましょう。

現職は本当に転職すべき会社なのか?

現職に何らかの不満があり転職を検討しているかと思います。

このコロナウイルスへの対応や業績の中身を冷静に判断してみましょう。

誰かの噂話レベルで「コロナウイルスでうちの会社の業績が大幅に落ちている」

等の事を安易に信じるのではなく信憑性の高い情報を取り周囲の企業や同業他社と

比較をする事で今の自分の立ち位置が見えてくると思います。

自分が周囲と比較して恵まれている環境だと気づく事もあれば、

会社に対してより不信感を持ったという結果もあるかと思います。

まずは本当に現職を転職すべきかどうか改めて分析してみましょう。

スキルアップ?人間関係?年収アップ?

転職理由としてはスキルアップ、人間関係、年収アップ等様々な理由が考えられます。

ここで大事なのは何を転職の軸に考えるかです。

まず過去の退職理由・現職の退職理由の根本原因をはっきりとさせ、

次の転職では最低限その要素はクリアする必要があります。

当社が求職者の方と面談した時に、当初はスキルや年収アップを

転職理由としていましたが、

突き詰めていくと実は人間関係が悪く・・という事例も多々あります。

転職をすべき、しないべき?

転職をすれば人生ハッピーになり全てが上手くいく、となれば皆しますよね・・

必ずしもそうでありません。転職=リスクは必ずあります。

一例ですが転職をするしないの判断材料を以下に記載します。

箇条書きで記載しますので、細かい中身をお知りになりたい方は個別にご相談下さい。

転職を考える余地のある方

・短期間での転職

・やりたい事もないが、何となく仕事がつまらない

・給与を上げたいけど特に汎用的なスキルは無い

上記に挙げた方は全員とは申しませんが転職しても良い方向に

転がる事は少ないと経験則では感じております。

転職をすべき方

・仕事を継続する事で精神面や体力面に支障をきたす方

・企業規模や会社の体制から役職・年収のアッパーがあり、そこで満足できない方

・現職ではこれ以上は成長できないと感じている方

・どんなリスクを背負ってでもやりたい事を見つけた方

・待遇改善・配置転換等の現職で出来る事は全て会社に相談し試したが、

改善が難しく行き詰ってしまった方

 まとめ

①現職の状況を客観的に判断してみましょう

②退職や転職理由をしっかり考えましょう

③転職をすべきかどうかしっかり考えてみましょう

自分自身で考えが行き詰った方は是非ともご相談下さい。

転職エージェントの登録は敷居が高いなあ・・と思っている方は、

Twitterでも相談を受け付けていますのでお気軽にどうぞ。