業績悪化の企業を辞めて転職すべきか?|コロナ(COVID-19)の転職市場

業績悪化の企業を辞めて転職すべきか?|コロナ(COVID-19)の転職市場

新型コロナウイルスの影響で、所属先の業績が悪化したという転職相談は少なくありません。たとえば雇用調整で休日が増え、残業時間が減り、収入が減少したという声です。会社の将来性が不安でも今一度ご自身の置かれている状況を振り返って、進退を考える機会にしましょう。

現職は本当に転職すべき会社なのか?

現職に何らかの不満があり転職を検討しているかと思います。このコロナウイルスへの対応や業績の中身を冷静に判断してみましょう。

「コロナウイルスで勤務先の業績が大幅に落ちているらしい?」という噂話を安易に信じるのではなく、信憑性の高い情報を取り周囲の企業や同業他社と比較をする事で今の自分の立ち位置が見えてくると思います。

自分が周囲と比較して恵まれている環境だと気づく事もあれば、会社に対してより不信感を持ったという結果もあるかと思います。まずは本当に現職を転職すべきかどうか改めて分析してみましょう。

転職の軸を明確にする

転職理由としてはスキルアップ、人間関係、年収アップなど様々な理由が考えられます。ここで大事なのは何を「転職の軸」に据えるかです。退職理由の根本原因を明確にし、次の転職では最低限その要素はクリアする必要があります。

転職の軸を考えるとき、第三者から客観的な意見を聞くことも非常に有効です。たとえば転職エージェントがおこなうキャリア面談です。当初はスキルや年収アップを転職理由としていましたが、突き詰めていくと実は人間関係が悪という事例も多々あります。

転職をお勧めしない属性

  • 短期間での退職(おおむね2年未満)
  • やりたい事もないが、何となく仕事がつまらない
  • 給与を上げたいけど特に汎用的なスキルは無い

上記に列挙したような転職理由の場合、転職しても同じことを繰り返すリスクが大きいと企業側に認識されます。なぜ現職に入社したのかを今一度振り返り、次に記載する理由に昇華することを目指しましょう。

転職をお勧めする属性

  • 仕事を継続する事で、心身に支障をきたす
  • 企業規模や会社の体制から役職・年収のアッパーがあり、そこで満足できない
  • 現職ではこれ以上は成長できないと感じている
  • どんなリスクを背負ってでもやりたい事を見つけた
  • 待遇改善・配置転換等の現職で出来る事は全て会社に相談したが、改善が難しく行き詰ってしまった

 アフターコロナ、withコロナの転職市場の展望

今後しばらくは、売り手市場全盛期のような状況に戻らないかもしれません。求人の絶対数もコロナ以前と比べて減りました。しかし採用活動を継続している企業や転職を敢行する求職者は存在します。

これは「なんとなく出されていた求人」や「急募ではない求人」が整理された面が大きく、本当に必要なポジションは企業もしっかり採用を行っています。

不況下で内定を獲得する人がやっていること

ではコロナ禍で内定を獲得できているているのはどんな人でしょうか。それは自分の強みを応募先の企業に伝える事ができる人です。

売り手市場が強かった時期は、企業側もとりあえず採用人数を確保する面が強く、準備不足ながら内定をもらえるというケースもありました。しかしながら不況下では通用しなくなってきます。

そこで重要になるのが「自己分析」「企業研究」を準備する事です。自分自身を理解することで、経験のどこが企業で活かせるのかをアピールする事ができ、競争を勝ち抜きやすくなります。不況下において転職活動は無駄なのではなく「自分の強みを考えずに動いても効果がない時期」と理解していただく事をおすすめ致します。

転職の軸を見つけるただ一つのシンプルな思考法と自己分析

応募条件を満たしていない場合でも転職はできる?|求人の意外なウラ事情

転職の目的と理想の職場環境を見つけるためのヒント