大手から中小企業へのしくじり転職

仕事のスピード感を求め、大手企業から憧れの中小企業へ転職。

意外とそこに落とし穴があり、ギャップに苦しむ方も多いのが現状です。

今回はそんなギャップから学び転職活動の参考にしていきましょう。

大手企業からのしくじり転職

例えばこんなしくじり転職があります。

【待遇、体制】

・給与や福利厚生が劣り、予想以上に精神的負荷が大きかった。

・社内制度や人事考課が不透明で不安を感じた。

【人間関係】

・大手出身というレッテルを貼られ、周囲から腫物扱いをされた。

・論理よりも感情論を重視するトップ・上司で、スピード感はあるが理不尽な裁定が多い。

・独特の企業文化が多くついていけなかった。

【仕事】

・大手よりも仕事の幅が広く、一芸特化の自分は即戦力にならなかった。

・即戦力としての営業として入社したが、成果を上げられなかった。

→大手の企業ブランド力で営業ができていた事や、既に構築された仕組みでしか成果を上げられない事に気づいた。

・一人一人の生産性が大手より高く、自身の仕事の遅さを痛感した。

・受身の仕事ばかりしていたので、自分で見つけないと仕事が無く気まずい。

転職をしくじらない為に

【待遇・体制】

待遇面を試算・想像し、自分の納得、家族の理解を得る。

十分な理解や生活水準を想像出来ないと、配偶者と険悪になる事も・・

【人間関係】

中小企業は企業のトップや上司が非常に重要。

面接でなるべく多くの人と接し、様々な考えを共有する機会を設ける。

【仕事】

教えてくれる、仕事をもらえる、何でも揃っているとは思わない。

受身はNG、自分で仕事をする為の環境をつくりだす気持ちが重要。

自分の能力やスキルを客観視し、戦力となり得るかを考える。

友人・知人・転職エージェント等を活用し客観視する。

憧れや不満だけで安易に決めない

今回はしくじり事例を書きましたが、もちろん大手より中小企業の方が

肌に合っていたという転職成功者も多数存在します。

また、逆に中小→大手への成功事例・しくじり事例も多数あります。

結局は隣の芝生は青く見えるもの。憧れや現職の不満だけで

安易に転職を決めず、自分の今の環境を俯瞰して冷静に判断しましょう。