転職の軸を見つけるただ一つのシンプルな思考法と自己分析

転職活動を始める前に”転職の軸”を考えておくことは、とても重要です。転職の軸とは『転職で実現(達成)したいこと』と言い換えることもできます。転職の軸が曖昧なままだと、何のために転職するのか分からないまま、目指すべき方向性も定まらず転職市場を彷徨うことになります。今回ご紹介するシンプルな考え方を用いて、まず転職の一歩を踏み出してみましょう。

もしも現職の不満が解消されたら、と想像する

多くの求職者とキャリア相談をさせて頂く中で、転職の動機の9割以上は「現職に対する不満」であると断言できます。もちろん家庭の事情やライフスタイルの変化というケースもありますが、それでも職場に対して大なり小なりの不満はあるはずです。

あなたが転職したいと思い立った現職の不満点を洗い出し「もしその不満が解消されたら現職を続けるだろうか?」と、まずは想像してみて下さい。まだ見ぬ新しい職場環境はイメージしづらいと思いますが、今の職場の事なら考えられるはずです。

嫌な上司が居なくなったら転職する?

例えば、職場の人間関係に不満がある場合は「もしも嫌な同僚・上司・社長が居なくなれば、現職を続けたいのか?」と考えてみましょう。人間関係が解消されたら現職を続けたいと思うのであれば、人間関係が転職の軸となります。上司との人間関係が不安であれば、面接や内定承諾の前に「配属先部署の上司の人と面談の機会を設けてもらう」といった対策が打てます。

短期離職しがちな求職者の特徴に、転職の軸を決めずに何となく良さそうな企業へ入社して、前職と同じような退職理由で辞めるケースが多いです。短期離職は転職先の選択肢が狭まります。あらためて転職の軸を見直して、あなたが納得のいく転職先と出会うためには何が重要なのか整理しましょう。

転職の軸を見つけるためには自己分析が欠かせない

転職の軸を見つけるために整理してほしいのが自己分析です。自己分析は新卒時の就職活動でも行った方がいると思いますが、中途では観点が少し変わります。以下の2軸で自己分析を行っていただきたいです。

①プライベートと仕事の性格の違いを認識する

新卒と中途の大きな違いは、社会人経験の有無です。実際に仕事を経験すると、仕事とプライベートとの性格の違いに気づく人も多いはずです。

プライベートでは「一人で黙々とこなす事が好き」だが、仕事では「チームでワイワイ仕事をする方が結果も出せモチベーションが上がる」といった違いです。これをプライベートの性格軸で考えてしまい、黙々と出来る仕事に転職するとモチベーションが上がらない等の理由ですぐに転職しがちです。

退職理由もプライベートと仕事の性格の違いを認識し、仕事でしか分かり得ない自分の性格を捉えて、転職先の希望条件を分析していきましょう。

② 経歴・キャリアの棚卸し

経歴は以下のように分解して考えましょう

  • 職種・業界それぞれの経験年数
  • 職務内容
  • 部署構成メンバー、自分の立ち位置
  • 部署に課せられたミッションと達成状況
  • 個人へのミッションと達成状況
  • 付帯する数字実績や客観的実績(表彰等)

キャリアの棚卸しを行うことは、職務経歴書の作成や面接対策で大いに役立ちます。経歴や経験・スキルを整理することで、貴方が企業が求める人材であることを的確にアピールすることが容易になります。

まとめ

経験した職務内容が求人の必須条件を満たしていることを前提に、希望条件と照合して応募先を選定していきましょう。手を抜くと転職失敗のリスクは高くなります。

理想の職場を見つけたいあなたへオススメの転職コラム

転職の目的と理想の職場環境を見つけるためのヒント