転職活動がうまくいかない理由と、好転させるためには

転職活動がうまくいかない原因は?

●転職活動の目的が曖昧
「なぜ転職したいのか」「転職先で実現したいことは何か」など、そもそもの動機や転職の目的を明確にすることです。不明確なままだと、応募企業に対して、不安・不信感を与えてしまいます。

●企業が求める条件を満たしていない
企業が求める資格・経験・スキルと、自身が持っているものが不一致になっている場合。
基本的には、企業は中途採用の際に、即戦力として期待しております。
※未経験で受ける場合は、自身の今までの経験・スキル・マインドが応募企業に対してどのように貢献できるか。伝えることが必要となります。

転職活動を成功させるためのポイント

●自分の価値を卑下しない
転職活動を成功させるためには、自分のスキルや能力、キャリアを客観的に評価することが大切です。
不採用が続くとどうしても思考が後ろ向きになり、自分のことを「使えない人材」「このまま転職できないのでは?」と考えてしまい、弱気になることがあります。
しかし、多くの場合、不採用の理由は企業側のニーズと応募者のスキルや経験が合わなかっただけです。応募者の人間性や、それまでのキャリアすべてが否定されたわけではないので、「自分を評価してくれる企業は必ずある」と信じて転職活動を続けましょう。

●なぜ転職するのかを明確にする
再度転職理由を整理し、転職活動の軸を明確化させましょう。

●キャリアの棚卸しをする
応募企業にわかりやすいように、表彰実績・数字・具体的な行動など、に整理しておきましょう。

●キャリアプランを見つめ直す
5年後、10年後の自分がどうなっていたいかを中長期的な視点で見つめ直してみましょう。そこから逆算して計画を立てれば、「これからどの方向へ進めばいいか」「目標達成のために、自分は今、何をすべきか」ということがはっきり見えてきます。
また、応募条件に対してスキルが不足している場合は、転職活動と並行してスキルアップに取り組みましょう。