ウイズコロナで新潟県へのU・Iターンを考える

ウイズコロナ時代の到来を迎え地方での転職が見直されてきております。

今回は新潟県へのU・Iターンにおける転職の現状を改めてまとめてみたいと思います。

職種

まずU・Iターンに関しては一種のブランドのようなものがあり、

企業側へ対しても有利に働く方が多いと考えていただいて大丈夫です。

ただ1点注意が必要なのは、大都市圏と比較して新潟県では選べる職種や

企業に制限があるという事です。

大都市圏でしか仕事の需要が無いような職種に就業していた場合、

新潟県では経験を活かせる職種が無いという事も考えられます。

特にWEB・IT系は企業数が大都市圏と比較して少ない為

良く調べてから転職活動を行うようにしましょう。

営業職、人事、経理、設計、施工管理等の職種は新潟県では

比較的汎用性が高く需要のある職種ではあります。

勤務地

自分がU・Iターンを希望する地にどんな仕事が多いのか、少ないのか

自分の経験が活かせるのかは地域特性によって異なります。

例えば新潟市であればWEB・IT・建設関係等の会社が多く、

県央、長岡地域では製造業の会社が多くあります。

地方の転職エージェント等を活用し、自分がU・Iターンを希望する地域に

どのような企業が多いかという情報を事前に得ることをお勧め致します。

通勤距離

ドアトゥードアの通勤時間で見ると、

都市圏と比較すると新潟県の通勤時間は約半分となり、

30分程度が平均の通勤時間となります。

新潟県の通勤の懸念点は主に車通勤が多い点と冬季の雪が考えられます。

注意点としては自分は1時間以上でも通勤は平気と言っていても、

企業側から雪や車運転の危険性の観点で敬遠される事もあります。

転職時期

特に何歳までに転職を考えなければいけないという事はありません。

ただ、大都市圏に比べ好待遇な条件を最初から提示するような

求人は多くありません。

自分の生活レベルが上がり過ぎてしまい

見合う待遇の会社が新潟県に無いという状況も考えられます。

将来的に新潟県に帰省を考えている方は、早いうちに情報収集や転職先の

選定をしておいた方が転職はし易いです。