転職前に知りたい「雰囲気の良い職場」の特徴と見極め方

転職前に知りたい「雰囲気の良い職場」の特徴と見極め方

仕事内容や給与だけでなく、職場の雰囲気を重視する求職者もいると思います。転職前に職場の雰囲気を予測することはできるのでしょうか。今回は雰囲気の良い職場を見極めるポイントを紹介します。

雰囲気の良い職場は人それぞれ

そもそも雰囲気の良い職場とは、居心地の良さとも言い換えることができます。ある人にとっては「コミュニケーションが活発な環境」かもしれないですし、またある人にとっては「自分の仕事に没頭できる環境」かもしれません。

性格や気質によって、雰囲気の良し悪しの基準は違います。また職場環境に限らず、自分自身の心身の状態やマインドセットによる部分も大きいです。まずはあなたにとって何をもって良い雰囲気なのか、考えることから始めてみて下さい。

・・・とはいえこれで終わらせるのも忍びないので、一般論としていくつか見極めポイントを以下に紹介します。

社内の雰囲気は、面接で見極める

オンライン面接が普及した昨今ですが、新潟においては最終選考は対面での面接を行う企業がたくさんあります。面接は職場の雰囲気を知る数少ないチャンスです。

挨拶と表情

挨拶はコミュニケーションの基本です。会社の来訪者に対して、笑顔で挨拶する社員が多い会社なら、挨拶が定着しており雰囲気の良い職場である可能性が高いと言えます。社員の表情がイキイキしているかどうか、確かめてみると良いでしょう。

会話やコミュニケーション

社員同士のコミュニケーションがあるかどうかもポイントです。仕事中の私語は褒められるべきではありませんが、シーンと静まりかえって気軽に質問できない重苦しい職場では息が詰まります。風通しがよくボトムアップの環境を希望しているのであれば、社員同士の会話にも注目してみて下さい。

社外から見極める方法

会社の評判サイトを参考にする

職場の雰囲気を知るには、会社の評判が投稿されている情報サイトを参考にするのも手です。現役社員や元社員が投稿しているため、実際の雰囲気を知るのに役立ちます。ただし、職場に合わなかった人が恣意的にネガティブな投稿している可能性もあるため、鵜呑みにしないようにしましょう。

転職エージェントを活用する

会社の雰囲気や実際の様子を知るには、転職エージェントの活用もおすすめです。転職エージェントは、求職者から実際の職場の雰囲気を聞いているため、退職理由や社内の大まかな雰囲気を把握しています。企業側の採用担当者ともやり取りがあるので、応募者の希望に近い職場かどうかも判断できます。

まとめ

部署や配属先によって職場の雰囲気は異なることも想定しましょう。自分自身にとって雰囲気が良い職場とは何か考え「ここであれば定着して活躍できる」という職場を見つけましょう。