雰囲気が良い職場の見極め方とは

転職する会社を探すとき、仕事内容や給与だけでなく、職場の雰囲気を重要なポイントとして考えている人も多くいらっしゃいます。転職前に職場の雰囲気を予測することはできるのでしょうか。この記事では、入社を決断する前に確認しておきたい、雰囲気が良い職場の特徴や見極め方のアドバイスをお話したいと思います。

面接で見極める社内の雰囲気

面接は、会社の雰囲気を肌で感じることができる良い機会です。社内の雰囲気から本当に働きやすい職場かどうかを確認するポイントをお伝え致します。

●社員の年齢層
まず、社員の年齢層をチェックしましょう。雰囲気が良い職場は働きやすいため、年齢が高めの社員も一定数在籍しています。若手社員だけでなく、40代、50代の社員も生き生きと働いている会社なら、長く働ける職場環境が整っていると考えられます。
また、企業が公開している会社情報で、勤続年数が4~5年以上の社員が多い職場は、人間関係が比較的良好で雰囲気が良い可能性が高いと判断できそうです。

●挨拶と表情
挨拶はコミュニケーションの基本です。中途採用の面接で会社を訪問している人に対して、笑顔で挨拶する社員が多い会社なら、日頃の社内コミュニケーションでも挨拶が定着していると考えられます。また社員の表情をみると、自主的に挨拶しているのか、否かがわかります。社員の表情を見ると自身が働いた際のイメージが沸いてきます。

●会話の有無
社員同士が会話をしているかどうかも、職場の雰囲気を知る手段のひとつです。仕事中に私語を慎むのは基本ですが、聞きたいことがあるのに気兼ねなく質問できないような重苦しい職場では、息が詰まってしまいます。会社を訪問したとき、静まり返って私語ひとつない職場よりも、議論が活発に交わされていたり、廊下ですれ違った社員同士が気軽に会話をしていたりする会社のほうが、雰囲気が良いと考えられます。

雰囲気が良い職場を社外から見極める方法

●職場の口コミサイトを利用する
職場の雰囲気を知るには、会社の評判が投稿されている会社情報サイトを利用する方法もあります。転職希望先の会社で働いている社員や元社員が内容を投稿しているため、実際の雰囲気を知るのに役立ちます。
ただし、円満に退職できなかった人が意図的にマイナス要素を投稿している可能性もあるため、書き込みの内容をすべて信用するのではなく、あくまで参考程度に留めておきましょう。

●転職エージェントを活用する
会社の雰囲気や実際の様子を知るには、転職エージェントの活用もおすすめです。エージェントの担当者は、応募者や転職者から実際に話を聞いているため、離職率や社内の大まかな雰囲気を把握しています。
また、企業側の採用担当者ともやり取りがあるので、応募者の希望に近い職場かどうかも判断できます。転職に詳しいプロの目で見極めた情報なら、信頼度の高い有益なものが多いでしょう。

※社内の雰囲気とは、部署によって異なったり、人によって合う合わないがあるため、記載した上記内容はあくまで参考までにとどめてください。