転職と学歴

履歴書に必ず入れる項目として「学歴」があります。

応募企業にどこまで気にされるかは状況に応じて様々です。

新卒時には学歴という点を肌で感じた方も多いかと思いますが、

中途採用の場合はどうなのでしょうか?

中途採用の採用基準

まず、基本的な中途採用の採用基準からみていきましょう。

中途採用に求められるのは何といっても即戦力として活躍できる

「実績」や「経験」の有無が最も重要な採用基準となります。

また、若い方を育て将来性やポテンシャルを買って将来への

投資を行うといった募集の場合は「資格」や「人柄」が基準となります。

学歴は関係ないのか?

中途採用は「実績」「経験」「資格」「人柄」が重視されると前述しましたが、

以下の場合は例外で関係する場合があります。

新卒に近い年齢の場合

例えば若い方を採用する際の”将来性”の判断材料として、

受験勉強経験や大学での学習経験が「学習習慣」「習得能力」

において優位性があると判断される場合です。

書類選考の際に人事の方は短い経験という部分での書類判断が難しく、

応募が過多な場合学歴で篩にかける事も可能性としてはあります。

第二新卒・20代で未経験職種・人気企業を受ける方等が対象となってきます。

募集に学歴のハードルを設けている場合

2つ目は企業の募集要項に最初から学歴のハードルがある場合です。

こちらは企業毎に当該学歴が必須かどうかは変わってきます。

当社からご提案した際に学歴要件は満たしてないが、

該当職種や業界に「経験」があれば面接に至るケースも多々あります。

こちらは企業毎に状況は変わってきますので転職エージェント等を

活用して聞いてもらうのも一つの手ではあります。

まとめ

最初にも記載しましたが中途採用は「実績」「経験」「資格」「人柄」

が重視されます。

既にご理解いただいている方も多いと思いますが、

学歴にこだわらず現在の仕事で十分な成果と経験を積み、

自己研鑽に励み人間的にも成長する事が良い転職に繋がってきます。