職務経歴書の作成ポイント

中途採用の選考は、大半の企業で書類選考から始まります。

他の応募者より一歩でも二歩でも有利になる書類を作り、

面接に進める企業を一社でも増やしていきましょう。

職務経歴書で人事が見ている3つのポイント

1.実務経験(業界業種、職種)

2.実績

3.自社で活躍、利益を出せる人か

逆に考えると、他の内容が入っていても大して見られていません。

NGな職務経歴書

・実績や自分の仕事に数字の記載が全くない

・自己PRが主観のみで客観性に乏しい

・文章が長いだけで中身が無く読みづらい

・その会社の業務や社風に合わない内容の記載が多い

作成時の5つのポイント

1.実績、業務の処理件数、担当件数等の数字を必ず入れる

→見る人に自分の仕事をイメージをさせ易くする

2.自己PRは勘違いしがちですが、主観ばかり書かない

→先輩、上司、顧客等他者から客観的に評価された内容がベター

3.自己PR以外は箇条書きを心掛ける

→だらだらと長い文章は、内容が良くても敬遠されます

4.若い方はA4で1ページ、年輩の方でも2ページ以内におさまる内容で

→余計な事を書きすぎない

5.読む人の事を考えた書類を

→相手も忙しい中読むため、見づらい書類はそれだけで見られません。

 

弊社では書類関係の添削も承っております。

上手く書けない!書類選考が通らない!時はお気軽にご相談下さい。