【コロナショックにおける転職市場】

コロナショックによる影響で採用募集の停止・延期を行う企業が増え、その後緊急事態宣言の解除により少しずつ求人数も戻ってきてはいますが、依然転職希望者にとっては厳しい状況が続いています。

転職希望の方から質問で頂く事もありますが、この時期に転職活動はするべきではないのでしょうか。

たしかに求人の「数」としては今後も売り手市場全盛期のような状況には戻らないと思われます。しかしこのような状況でも採用活動をしている企業や転職をしている求職者はしっかり存在しています。

求人数が減ったというのはあくまで「なんとなく出されていた求人」や「そこまで急ぎでない求人」が整理された面が大きく、本当に必要な募集については企業もしっかり行っています。

では今の時期に内定を獲得できているているのはどんな人でしょうか。

それは自分の強みをしっかりと企業に伝える事ができている方です。

当たり前だと思われる方もいらっしゃると思いますが、今まで売り手市場が強かった中では企業側もとりあえず採用人数を確保する面が強く、準備不足ながら内定をもらえるというケースも多かったように感じます。

本来当たり前にしなければいけなかった「自己分析」「企業研究」「自己アピール」を改めて意識する事で自分の経験のどの部分が企業で活かせるのかをアピールする事ができ、競争を勝ち抜きやすくなります。

今の状況というのは「動いても効果がない時期」ではなく「自分の強みを考えずに動いても効果がない時期」と理解していただく事をおすすめ致します。