U・Iターン転職のポイント

都心部からのU・Iターン転職で多くの方が悩まれるのが求人数と給与です。

都心部などに比べて新潟の求人数は少なく、また給与も低いのが現状です。

新潟の求人数は東京の半分以下と言われておりますし、

また給与についても年収が少なくなるケースも多いです。

年収を下げない方法はキャリアをスライドさせることです。

お仕事を探す際に『やりたい仕事』ではなく『出来る仕事』で探してください。

ただ、U・Iターンでは自身で調べるのも限界があります。
そのため、県内の情報に精通しているコンサルタントに相談し、
一緒に『出来る仕事』を探してください。

それが内定の出る近道となります。