キャリアアップを考える前に

キャリアアップがしたい!と考えている方も多いかと思います、
ただ転職活動をする前に冷静になって一度考えてみてください。

【あなたは現職でしっかりキャリアを積んでますか?】

中途採用を行う企業は常に「即戦力」を求めております。
「即戦力」=実務経験が一般的ですが、見られるのはそれだけではありません。
ビジネスマナーや仕事への取組み方・考え方等多岐に渡る部分が対象になってきます。

◆Aさん 26歳 営業職3年経験→営業職 面接時の事例
実務経験は3年程あり、年齢も若いと書類選考での評価は上々でした。
今回は年収アップと興味のある商材へのキャリアアップ転職を目指しています。
退職理由は商材がつまらなく、他社との差別化が難しい商品で売れなかった為。
そんなAさんが面接に行った際の一幕です。

面接官「他社との差別化が難しい中であなたはどうやって売ろうと思いましたか?」
Aさん「顧客から嫌がられながらも訪問頻度を増やしましたが、売れませんでした」
面接官「訪問頻度を増やしたといってもそこまで用事があったのですか?」
Aさん「最初は新商品等で話題があったので訪問してましたが、
   そのうち話題も無くなり足が遠のいていき売上が落ちていきました。
   差別化の出来ない商品で価格だけの為何も面白くなかったです。」

Aさんは不採用となりました。
原因としては面接の中で商材のせいで話題も無く商品が売れないという事を協調し、
自ら考えて商品を売ろうという努力をしていなかったという事でした。
面接官はAさんについて仮に入社しても価格帯だけで勝負に行くような営業
とみられ営業のスキルとしては乏しいと感じたようです。

企業側から求められる人材としてどの職種においても多くオーダーをいただくのが
「会社から言われた事をするだけの人材ではなく、自ら考えて動く人材」です。

現職で不満な点についてアプローチを起こし結果的にダメであっても、
次のキャリアであれば実現できるかもしれないという可能性を見せましょう。

キャリアアップを考える前にまず自分自身の今の仕事をやりきってから
転職をする事をお勧めしております。